2020年6月14日の説教要旨

2020年6月14日
第一主日礼拝
説教「解き放つお方」
マルコ3章20-30節

【三種の、いえ二種の人びと】

「さて、イエスは家に戻られた。すると群衆が再び集まって来たので、イエスと弟子たちは食事をする暇もなかった。」(20)とあります。この日も主イエスと弟子たちは忙しく働いています。福音を宣教し、病をいやし、悪霊を追い出していました。三種類の人びとが登場します。まずは、弟子たちがいます。彼らは主イエスが神から遣わされた救い主であり、主イエスのみわざは聖霊の力によることを信じる人びとです。

次に主イエスの家族です。主イエスの母と兄弟たち(31)。「これを聞いて、イエスの身内の者たちはイエスを連れ戻しに出かけた。人々が『イエスはおかしくなった」と言っていたからである。』」(21)とあるように、彼らは主イエスがおかしくなったと思っています。主イエスを愛し、心配しているのですが、主イエスのわざが聖霊によることを信じていないのです。

そして、第三に、エルサレムから下ってきた律法学者たち。「『彼はベルゼブルにつかれている』とか、『悪霊どものかしらによって、悪霊どもを追い出している』と言っていた」(22)人びとです。おそらくガリラヤの辺境の律法学者たちからの知らせを受けてやってきたのでしょう。権威ある人びとです。彼らは主イエスが悪霊を追い出しているという事実は認めざるを得なかったのですが、それを神の聖霊の力であるとは信じませんでした。そうではなく、「悪霊どものかしらの力」によるのだと断じたのでした。

この三種類の人びとは実は、二種類だと言うこともできます。主イエスのみわざが聖霊によると信じているかどうかによって。聖霊によると信じる弟子たちと、そうではないとする主イエスの身内と律法学者たちの二種類です。

【悪霊とはなにか】

そこで主イエスはたとえを語られました。26-27節です。「もし、サタンが自らに敵対して立ち、分裂したら、立ち行かずに滅んでしまいます。まず強い者を縛り上げなければ、だれも、強い者の家に入って、家財を略奪することはできません。縛り上げれば、その家を略奪できます。」ここでは、「悪霊どものかしら」は、サタンに言い換えられています。この世界は、そして、私たちもサタンという強い者に支配されています。神さまとの愛が破れ、ほかの人との愛が破れ、すべての被造物との愛がやぶれています。おかしくなってしまっているのです。

主イエスはそんな「家」であるこの世界に来てくださいました。サタンという強い者に支配されている世界に。罪と死の力によって奴隷にされている私たちを解き放つために。強い者を縛り上げるのは主イエス。いやがるサタンの支配に押し入って、むりやり家財を略奪します。家財とは私たち。私たちがサタンの支配の下いることに耐えられなくて、激しい怒りを持って、押し入り、私たちを解き放ってくださったのです。ご自分へと、愛の生活へと。それが、いつもいつもお語りしているへブル人への手紙です。「そういうわけで、子たちがみな血と肉を持っているので、イエスもまた同じように、それらのものをお持ちになりました。それは、死の力を持つ者、すなわち、悪魔をご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖によって一生涯奴隷としてつながれていた人々を解放するためでした。」(2:14-15)。主イエスはご自分の死によって、十字架の上で、サタンを縛り上げてくださいました。ご自身の命と引き換えに、私たちを解き放ってくださったのでした。家財を略奪するというのは、穏やかでない表現です。主イエスには似合わないように思えるかもしれません。けれども、十字架はきれいごとではありません。主イエスはほんとうに血まみれとなって、私たちを解き放ってくださったのでした。神との愛、人との愛、世界との愛の破れを回復され、私たちが愛に生きる者とされるために。

【聖霊を冒涜する罪】

このように読むときに、29節の言葉は厳しすぎることばではないことがわかります。28節から読みましょう。「まことに、あなたがたに言います。人の子らは、どんな罪も赦していただけます。また、どれほど神を冒瀆することを言っても、赦していただけます。しかし聖霊を冒瀆する者は、だれも永遠に赦されず、永遠の罪に定められます。」つまり、聖霊を冒涜する者とは、主イエスが神から遣わされた救い主であり、そのみわざが聖霊によることを信じない者のことです。主イエスを拒むわけですから、主イエスとの愛のいのち、永遠のいのちを自分から拒んでいる者です。主イエスは、私たちをはらわたが痛むほどにあわれに思われ、十字架についてくださったのに、その愛を最後まで拒み通す、永遠の神との断絶を自ら選び取るのです。主イエスはそのようなことが決してないようにとすべての人をここでも招いておられるのです。

けれども、主イエスを信じる私たちは、恐れることはありません。主イエスの胸の中で、兄弟姉妹とともに、三つの愛の破れをつくろわれ、喜びをもって働くことができます。主イエスとともに、聖霊によって。