2022年3月20日の説教要旨

2022年3月20日
受難節第三主日礼拝
説教「愛を求める神」
ヨハネの福音書5章41-47節

38年間病気で苦しんでいた人の、ベテスダの池でのいやしとその後のできごとの最終回です。実は、今日の箇所は牧師泣かせの箇所。語られていることが抽象的で、しかも謎めいているので、つい説明するようなメッセージになりやすいからです。そうならないで、福音の宣言が鳴り響くようにしたいと思います。語られていることは5章全体を貫く「主イエスとはだれか。神である」です。

【人からの栄誉】

主イエスはご自分を受け入れないユダヤ人たちを惜しまれます。そして彼らに忍耐づよく語り続けます。「わたしは、わたしの父の名によって来たのに、あなたがたはわたしを受け入れません。」(43a)と嘆き、「もしほかの人がその人自身の名で来れば、あなたがたはその人を受け入れます。」(43b)と指摘します。「その人自身の名で」とは、「自他ともに認める人間的な評価で」ということでしょう。ですから、「あなたがたは、多くの人が『これはよい、すばらしい』と言えば、それを受け入れる」という意味。人間がどう評価しているのかが、判断の基準なのです。だからユダヤ人たちは、主イエスが神であることを否みました。

このユダヤ人たちは、律法を厳格に守るならば『これはよい、すばらしい』と言って、たがいに受け入れ合いました。「互いの間では栄誉を受け」(44)がそれです。律法を厳格に守っているおたがいを『これはよい、すばらしい』と称賛し、栄誉を与え合うのです。こうしてとても人間的なつながりが、できていきます。すると今度は、自分たちの基準に当てはまらない人を排除するようになります。「唯一の神からの栄誉を求めないあなたがたが、どうして信じることができるでしょうか。」(44)とあります。ユダヤ人たちは。神からの栄誉、すなわち神が『これはよい、すばらしい』とおっしゃることから外れてしまっているのです。彼らの交わりもほんとうの愛の交わりではなく、基準に当てはまらない人を排除し、仲間うちでもどこかでたがいに競い合う、いつわりの交わりになってしまっているのです。

【神への愛】

だから主イエスは語ります。「しかし、わたしは知っています。あなたがたのうちに神への愛がないことを。」(42)と。問題はやはり愛です。人からの『これはよい、すばらしい』を求める者は、神への愛に生きるのではなく、人とのいつわりの交わりに生きることになります。けれども、神からの『これはよい、すばらしい』を求める者は、神とのほんとうの愛の交わりに生きるのです。

【主イエスの愛】

では、私たちはどうしたら神とのほんとうの愛の交わりに生きることができるのでしょうか。私たちはすでにその答を知っています。答は主イエス。「わたしは人からの栄誉は受けません。」(41)とおっしゃる主イエスが答です。主は人からの『これはよい、すばらしい』を求めませんでした。主が求めたのは父からの『これはよい、すばらしい』でした。父との愛の交わりに生き、父への愛を貫き、十字架の死にいたりました。そして私たちにその愛を注いでくださったのでした。主イエスの愛を受取った者たちがここにいます。それが私たちです。

【訴えるモーセ】

ユダヤ人たちは熱心でした。けれどもその熱心は、彼らをほんとうの神との交わりには導きませんでした。彼らはモーセの律法を聖書の大きな物語からとらえるのに失敗しました。十誡を誤解して、守れば神の好意を得、破れば神のさばきを受ける戒律としてとらえてしまったのでした。

けれども聖書は神の愛の物語。愛ゆえに世界を造り、愛ゆえに人の罪を何度でも赦す神。そんな神が与えたモーセの十誡は、私たちをどこまでも愛する神の、ご自分とともに歩く歩き方の教え。いつも申し上げる通り、まず出エジプト、そしてシナイなのです。私たちがなにかをしたから救われたのではないのです。「信じたら救われる」と言いますが、信仰さえも神さまからの贈り物なのですから。

「わたしが、父の前にあなたがたを訴えると思ってはなりません。あなたがたを訴えるのは、あなたがたが望みを置いているモーセです。」(45)とあります。神の愛の大きな物語の中で、神の与えるほんとうの愛の交わりに生きようとしないならば、それはモーセが語ることを否むことになります。そしてモーセの語る大きな物語の極みは主イエスの十字架と復活です。「もしも、あなたがたがモーセを信じているのなら、わたしを信じたはずです。モーセが書いたのはわたしのことなのですから。」(46)とあるとおりです。

火曜日は、神学校の卒業式。ふたりの卒業生が遣わされていきました。こころにとまったのは卒業生の答辞。神学校で学んだたいせつなことの一つとして、神の大きな物語とそれに基づく世界の見方をあげていました。ふたりは、そして私たちもこの大きな物語の中で、神さまと共に、世界の破れの回復のために働くことができます。このようないのちに生きている不思議を喜びつつ。